2006年10月18日

宮部みゆき原作「模倣犯」

模倣犯1模倣犯1
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 模倣犯1
[著者] 宮部 みゆき
[種類] 文庫
[発売日] 2005-11-26
[出版社] 新潮社

>>Seesaa ショッピングで買う

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった―。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕。(AMAZONより)


文庫本で全5冊。
あまりの分量の多さに読むのを躊躇していた作品ですが、ついに読み終わりました。

物語は、不可解な連続殺人事件から幕を開けます。
失踪した女性達。
顔の見えない犯人に翻弄される被害者の家族、警察たち。
物語はどう進むのか?と1巻を読み終えた時点で目が離せなくなります。

2巻からは、事件の犯人たちが登場。
彼らが狂気に走っていく過程が描かれます。

被害者遺族、犯人、警察、またマスコミなど。
様々な視点から物語が進んでいく本作。
これだけ登場人物が多いにもかかわらず、ほころびを感じさせないのはすごいですね。

文庫本の帯に、現代ミステリの金字塔!と書かれていましたが、この表現に納得です。


読み終えたあと、ついてでた大きなため息。
なんだか胸に妙に切なさが残りましたね。
結局、この事件を通して幸せになれた人はいないわけだし・・・当たり前ですが。
それでも、どこかしら、暖かい人の心を思い出させるのが宮部みゆきです。

基本的に、ハッピーエンドが好きなので、本作を自分の好きな作品にあげることはないですが、それでも、人の胸に何かしらの思いを残す良作だと思います。


ちなみにこの作品は、スマップ中居正広主演で映画化されたことでも有名ですね。
映画版は、ピースの視点から描かれていて、原作とはかなり異なるようです。
別物と考えた方がいいのかも?

映画版のキャストは以下
網川浩一=ピース役/中居正広(SMAP)
高井和明/藤井隆
栗橋浩美/津田寛治
前畑滋子/木村佳乃
有馬義男/山崎努
古川鞠子/伊東美咲
塚田真一/田口淳之介(KAT−TUN)
高井由美子/藤田陽子
前畑昭二/寺脇康文
武上悦郎/平泉 成
篠崎刑事/モロ師岡
坂木刑事/吉田 朝
鳥居刑事/桂 憲一
白井刑事/佐藤二郎
古川真智子/中村久美
古川 茂/小木茂光
栗橋寿美子/由紀さおり

その他、爆笑問題・佐藤江梨子・PUFFY・坂下千里子・山田花子
映画未見ですが、個人的に、栗橋浩美/津田寛治は割とイメージに合っている気がしました。
あと、古川鞠子/伊東美咲も、ありかも!と思ってしまいました(殺される役だけど)

キャストは結構豪華ですね。
てか花ちゃんは何に出てるんだろ?藤井くんのおまけで出演した感じがするのは気のせい?






posted by mikki at 21:24| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25708439

この記事へのトラックバック

坂下千里子っていい
Excerpt: 楽しい、坂下千里子の人気の秘密はそれだけではないです。元気なところ、そして活動的なところ。でている雑誌をチェックしている人は多いでしょうね。坂下千里子にしかない個性があるからでしょう。 坂下千里子のド..
Weblog: 坂下千里子っていい
Tracked: 2006-10-22 18:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。