2006年09月18日

TBSスペシャルドラマ「僕たちの戦争」

『僕たちの戦争』2006年9月17日放送
『さとうきび畑の唄』、『広島・昭和20年8月6日』に続く、
戦争をテーマにしたドラマの第3弾。
今回のテーマは若者。
若くして戦争の犠牲となった回天の乗組員のストーリーと
現代の若者の戦争に対する意識に注目した作品です。(公式HPより)2006年9月17日放送


2005年を生きるフリーターの健太(19歳)と、
戦時中、1944年を生きる飛行兵の吾一(19歳)が入れ替わってしまうという
タイムスリップもの。
生きる時代を交換した二人の数奇な運命を描いています。

※ネタバレが嫌な方はご注意ください。

現代人の健太の目から見た戦争。
そして、特攻隊員であった吾一の目から見た現代の日本。
対照的に描かれる世界が印象的でした。

現代にタイムスリップしてしまった吾一。
信じていた祖国の敗戦。
人々の変わりようにとまどい、
自分の仲間はこんな未来のために命を落としたのかと嘆きます。
しかし少しずつ、現代という時代に適応(車とか運転してるし)
健太の恋人・ミナミと触れ合ううちに、この時代で生きることも悪くないと感じていきます。
ミナミが身ごもったこともあり、
この時代でミナミと生きていきたいと決心します。

一方、戦時中にタイムスリップしてしまった健太。
愛する恋人・ミナミに再びめぐりあうため、戦争を生き抜こうとする健太。
戦争が終わるまで死ぬわけにはいかない!!
わざと劣等性を演じて、出撃命令が出ないようにしたり、
自分だけでも生き残ろうと必死です。
このあたりの描かれ方がコミカルで、戦争をいう重いテーマにもかかわらず、笑えてしまいます。
しかし、戦争という時代を生きている人々と触れ合ううちに、
健太の心のなかに、今までになかった感情が生まれてくるあたりもうまく描かれています。
時代が違っても、そこに生きる若者たちの姿・友情は変わらないんですね。
ひょんな偶然で現代にいる自分の恋人、ミナミの祖父・鴨志田に出会ってしまった健太。
鴨志田が命を落とせば、ミナミが生まれてこない。
この人だけは死なすことはできない。
そう思ったとき、健太は「回天」に乗り込み、敵艦に突っ込んでいく。
自分だけ生き残ろうとしていた健太が、愛するものを守るためにした決断。
国のためなどではなく、自分の選んだ道。
このシーンは印象的でした。


健太が出会った人々の偶然には、少し出来すぎ感もありますが、
作品としては綺麗にまとまった良作だと思います。
(日テレのナイチンゲールとは大違い・・・と思ってしまった)
森山未来の熱演が良かったです。

さて、問題のラストシーン。
沖縄の海で、回天で突っ込んだ健太と、
同じく沖縄の海でおぼれてしまった吾一。
二人とも死んでしまったのかな〜と思ったら、
現代、ミナミのもとに戻ってくる、一つの影が。
あのシーンだけでは、健太なのか、吾一なのか判断できませんね。
吾一も金髪じゃなくなってるし。
どちらにもとれるようにしたのでしょう。
どちらが生き残ったにしても、切ないラストです。

原作のラストは、どうなっているのでしょうか。


キャスト

〜平成17年(2005年) 〜
尾島健太… 森山未來 ※二役
鴨志田ミナミ… 上野樹里
尾島勝利… 古田新太
尾島紀子… 麻生祐未

〜昭和19年(1944年)霞ヶ浦航空隊 〜
石庭吾一… 森山未來  ※2役
沢村文子… 内山理名  (ミナミのばーちゃん)
沢村キヨ… 樹木希林
鴨志田祐司… 玉山鉄二  (ミナミのじーちゃん)
片山分隊長…篠井英介
兼子分隊士… 石井正則(アリtoキリギリス)
山口真造… 桐谷健太
小野寺順一… 田中聡元
久保田勇… 内田滋
古屋英二… 浅利陽介
田淵中尉… 田中哲司
橋口幸郎… 五十畑迅人
高橋医師… 井上大樹
吾一の母… 宮地雅子
吾一の妹… 佐々木麻緒




この作品の原作はこちら。評価の高い作品らしいです。
読んでみたくなりました。
設定がアメリカ同時多発テロの年、2001年になっていますね。
↓↓
僕たちの戦争僕たちの戦争
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 僕たちの戦争
[著者] 荻原 浩
[種類] 単行本
[発売日] 2004-08
[出版社] 双葉社


2001年9月12日世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだ翌朝も尾島健太(19)は、テレビの臨時ニュースや新聞には目もくれず、一人サーフィンに出かけた。バイトをクビになりガールフレンドのミナミとも喧嘩中で会えないからだ。しかし、大波に呑まれた健太が目を覚ますと、そこは1944年だった!1944年9月12日霞ヶ浦飛行場から飛び立った石庭吾一(19)は、「海の若鷲」に憧れる飛行術練習生だ。しかし、操縦を誤って海に墜落してしまう。蘇生した吾一が目覚めたのは、なんと2001年だった…。根拠なしポジティブのフリーターとバリバリの特攻隊員が入れ替わり―どうなる、ニッポン!?愛と青春のタイムスリップ・ウォー。
posted by mikki at 10:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(6) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23937772

この記事へのトラックバック

僕たちの戦争 つながりで。森山未來主演ドラマ×原作 荻原浩
Excerpt: 主演 森山未来 × 原作 荻原浩 生きる時代がちがっただけで、 僕たちの戦争は、こんなにも趣がちがう! 生きる時代以外に、変わったところは何もないのに… というわけで、「僕たちの戦争」ですわ..
Weblog: パペット・モーテル。
Tracked: 2006-09-18 18:05

『僕たちの戦争』TBSドラマスペシャル
Excerpt: 僕たちの戦争 2005年夏。 台風が通過したばかりの海にサーフィンをしにやってきた男がいた。 彼は、尾島健太(森山未來)。 波は大荒れにもかかわらず、健太は海に向かってパドリングを始めた。 今、まさ..
Weblog: ゆるろぐ。
Tracked: 2006-09-20 23:45

「僕たちの戦争」レビュー
Excerpt: 「僕たちの戦争」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:森山未來、上野樹里、内山理名、古田新太、麻生祐未、篠井英介、桐谷健太、浅利陽介、樹木希林 *原作:荻原浩『僕たちの戦争』 ..
Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター
Tracked: 2006-09-21 07:50

僕たちの戦争 (TVドラマ)
Excerpt: TBSでやってた「僕たちの戦争」を見たんですが。。。意外と面白かったです。平成17年で生きる、ちゃらんぽらんな健太(森山未来)と、昭和19年で生きる軍人の吾一(森山未来・二役)がタイムスリップにより入..
Weblog: 落とし穴には気をつけろ!
Tracked: 2006-09-22 22:34

僕たちの戦争 ~惜しい、CGの手抜きは痛い!!~
Excerpt: 「さとうきび畑の唄」「広島・昭和20年8月6日」に続く TBS戦争テーマドラマ第3弾。 森山未来よくがんばったなぁ~っていう作品。 心に残る台詞が散りばめられてた。 渋谷や現代の街を見ながら吾一が..
Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題
Tracked: 2006-10-01 03:40

芸能界のイロイロ
Excerpt: 芸能界の情報、噂、裏話などを紹介(^^)
Weblog: 芸能界のイロイロ
Tracked: 2006-10-02 15:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。