2006年09月16日

名探偵コナン、小栗旬主演で実写化

スポーツ報知(2007年7月より)

小栗旬でコナン初実写!アニメ10周年企画で秋にドラマ化
日テレ系人気アニメ「名探偵コナン」(月曜・後7時半)が
初めて実写ドラマ化されることが11日、分かった。
アニメ放送10周年の記念企画で、
コナンが薬により小さくなる前の高校生時代を舞台にしたもの。
小栗旬(23)がコナンこと工藤新一役、
黒川智花(16)が幼なじみの毛利蘭を演じる。
「工藤新一への挑戦状〜さよならまでのプロローグ〜」という題名で、
今秋放送される。

 制作の読売テレビは10周年を前にした昨年末、企画の検討に入り、実写ドラマ化を打ち出した。
コナン少年は小学1年生という設定であることから、薬を飲まされ、小さくなる前の高校生時代にスポットをあて、天才高校生探偵だった工藤新一と幼なじみの毛利蘭の2人を軸にしたオリジナルを考えた。

 制作サイドは「アニメとは違う世界観を見せたかった。コナン以前の“エピソードゼロ”を描くことで、その世界を広げ、アニメと実写で共存していければ」と話している。

 “コナン”役には、原作の青山剛昌さんの希望で、映画「ウォーターズ」で主演した小栗旬が決定。
小栗は「青山先生の作品は『YAIBA』に始まり、『4番サード』、『まじっく快斗』、『青山剛昌短編集』にいたるまで読んでいた。ファンなので、恥じぬよう頑張ります」。
小学生時代からのコナンファンという黒川も「お話を聞いた時はとてもうれしかったです。私にしか演じられない“蘭ちゃん”を演じたい」と意気込んでいる。

 脚本は「輪舞曲〜ロンド」や「六千人の命のビザ」を手がけた渡邉睦月さん。
天才高校生探偵として、マスコミにも取り上げられる工藤新一のもとに、「修学旅行中にクラスメートを誘拐する」との予告が届いたことから、新一がその犯人捜しをするというストーリー。
新一と蘭のほか、アニメでもおなじみの、クラスメートのその子、蘭の父親で探偵の毛利小五郎(陣内孝則)も登場する。




小栗旬、黒川智花、他キャストは、
陣内孝則、岩佐真悠子、西村雅彦、松重豊、水川あさみ、ふかわりょう、伊武雅刀ら。

小栗旬は原作者からのオファーだそうです。
コナン君ではなく、新一が主役というのは、良い選択だと思います。
コナン役を演じられる子役は正直いないでしょう。
大体、アニメのイメージが強すぎる。

まぁ、あまり原作を意識せず、小栗くんなりに頑張って欲しいですね。


名探偵コナン 10years シネマガイド名探偵コナン 10years シネマガイド
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 名探偵コナン 10years シネマガイド
[著者] 青山 剛昌
[種類] 大型本
[発売日] 2006-03-24
[出版社] 小学館

劇場版コナンの全てがわかる10周年記念本
コナン映画過去9作品の完全ガイド及び10作目最新作のご案内。一度映画を観た人ももう一度VHS・DVDビデオを観たくなる、劇場版コナンの全てが詰まった本。

posted by mikki at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

名探偵コナン 10years シネマガイド
Excerpt: 名探偵コナン 10years シネマガイド
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-07-26 01:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。