2006年09月13日

秋の改変☆ドラマ 日テレ

この秋、日テレの新ドラマはこの二作。
なんだか気合入っていますね。
その気合いがからまわりしないといいけど。

「14歳の母」水曜10時

私立中学校に通う未希は、14歳にして妊娠する。
しかし高校1年の彼氏・智志は逃げ腰で未希は戸惑う。
産む決心をする未希だが、
信じられない程の厳しい困難が待ち受けていた・・・

〜キャスト〜
一ノ瀬未希:志田未来  一ノ瀬加奈子:田中美佐子
一ノ瀬忠彦:生瀬勝久  遠藤香子:山口紗弥加
桐野智志:三浦春馬  波多野卓:北村一輝
桐野静香:室井滋  三井マコト:河本準一 (次長課長)
谷村美月  北乃きい  海東健  金子さやか
井坂俊哉  高畑淳子
14歳にして、母親になるという少女を
「女王の教室」の志田未来が演じるこの作品。
原作のドラマ化が相次ぐなか、オリジナルの作品の登場です。
内容的に賛否両論になること必至ですね。
脚本は「きらきらひかる」「GOOD LUCK」「白い巨塔」などの井上由美子。
井上由美子が日テレの作品を書くのは珍しい気がします。



「たったひとつの恋」土曜9時

かたや、今や全国展開している、
横浜元町の大きなジュエリーショップの娘。
みんなに愛され、スクスクと育った大輪の花のような女の子・ナオ(綾瀬はるか)。

かたや、場末の傾きかけた町工場の息子・ヒロト(亀梨和也)。
父親は小さい頃に亡くなり、母と体の弱い弟と何とか生きてきた。

こんなふたりが出逢い、やがて恋に落ちる。
彼の冷たくかじかんだ心も、彼女のまっすぐな笑顔に溶けていく。

・・・そんなふたりの、たったひとつのラブストーリーを、
数々の名作ドラマを生み出した脚本家・北川悦吏子が描き出します。

ちょっと切なくて、優しくて、
そして何よりもドキドキする、王道を行くラブストーリー・・・。

たったひとつの恋。
(公式HPより)

〜キャスト〜
神崎弘人:亀梨和也(KAT-TUN)  月丘菜緒:綾瀬はるか
草野甲:田中聖 (KAT-TUN)   大沢亜裕太:平岡祐太
本宮裕子:戸田恵梨香  
要潤  田中好子(特別出演) 財津和夫  余貴美子  山田涼介
24時間テレビ内で発表してましたね。
お嬢様と貧乏な青年の恋愛ドラマ。
現代版のロミオとジュリエットですか?
ちなみに出会いは、道でぶつかるという展開らしい。
もうベタベタですな。好きにしてくれ!


しかしこの「たったひとつの恋」、
初回からフジの「踊る大捜査線」シリーズと見事にぶつかります。

〜フジテレビの土曜プレミアム 放送予定〜

10月14日(土) 『交渉人・真下正義』
10月20日(金) 『逃亡者・木島丈一郎』
10月21日(土) 『容疑者・室井慎次』
10月28日(土) 『弁護士・灰島秀樹』
「弁護士・灰島秀樹」は新作です!!主役は八嶋智人。

う〜ん、私は十中八九フジを見ます。
posted by mikki at 22:47| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23711260

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。