2006年07月22日

宮部みゆき 「あかんべえ」

宮部みゆきと言えば、ホント色々なジャンルを書くことでも有名ですが、
時代小説を読むのは初めてでした。

読んでみると、時代モノとかなんとかは関係なく、作品世界にどっぷりと浸ってしまいました。
どこに行っても、宮部みゆきの味は変わらないもんですね。

しかし、時代小説として、時代背景や考証はどうなんだろう・・・と少し思ってしまいました。
言葉遣いとかは、あれでOKなんでしょうか。
まぁ楽しんで読めたからいいですけど。

内容の感想は、主人公のおりんがかわいすぎる!!
健気で優しくいるだけで皆を幸せにしてくれる子。

おりんの視点から描かれているから、物語が本当にあたたかいんです。
幽霊が見える話というと、もっと怖い話なのかと思っていたけれど
そういった要素は少なかったと思います。

出てくる幽霊さんたちが、いい人というか、心の優しい人ばかり。
最後の展開には、胸がジーンとしました。
読み終わったあと、なんだか心が満ち足りている、あたたかい作品です。
あかんべえあかんべえ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] あかんべえ
[著者] 宮部 みゆき
[種類] 単行本
[発売日] 2002-03-16
[出版社] PHP研究所

>>Seesaa ショッピングで買う

posted by mikki at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22342685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。