2006年08月10日

宮部みゆき「長い長い殺人」

宮部みゆきの作品にはまっています。

今回読んだのは「長い長い殺人」(1999年・光文社文庫)
タイトルのとおり、殺人をめぐる推理小説です。
主人公は財布!!
財布の視点から物語をすすめてしまう手腕は、ホントすごいです。
財布は、かばんの中から出してもらえなければ、登場人物の顔も姿も見えないんですよ?勿論、財布が事件を解決できるわけもない。。。

この作者のすごいところは、多くの制約を読者に感じさせることがないところですね。
全く違和感がない。続きが気になって、思わずページをめくり、気がついた時には一日で読み終わってました。
それぞれ個性的な財布の性格・書き分け方も非常に面白いです。



長い長い殺人/宮部みゆき/光文社/KOBUNSHA NOVELS/新書長い長い殺人/宮部みゆき/光文社/KOBUNSHA NOVELS/新書
販売元 : 古本の店 リサイクルブック
価格 :
区分-分類 読物 - 小説 タイトル 長い長い殺人 補足 補足2 サイズ 新書 作者 宮部みゆき 備考 出版社-種別 光文社 - KOBUNSHA NO..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by mikki at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。