2006年10月06日

実写版名探偵コナンをみたわけですが

10/2に放送されたコナンの実写版。
名探偵コナン10周年ドラマスペシャル
「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの序章(プロローグ)」

薬を飲まされてコナンになる前の工藤新一の物語です。
実際に見た感想。
個人的には、実写でやる必要はなかったなぁ・・・という感じです。

ストーリーは単純で、犯人はすぐ分かってしまうし、
どこかで聞いたトリックだし、全く新鮮味がない。
う〜ん、辛口ですが、正直☆一つですな。


キャストも、アニメのイメージがあるせいか、しっくりこなかったです。
以下はキャストについての感想。

工藤新一:小栗旬
なんか妙に嫌味っぽくなかったですか?別にいいけど。

毛利蘭:黒川智香
確かに可愛い・・・が、蘭ではないと思う。
空手の達人の蘭にはとても見えなかった。
終始、純粋で可愛いらしいお嬢さんで終わってしまいました。

毛利小五郎:陣内孝則
これははまり役!!唯一良かったのは彼だけだと思う。
陣内さんは、こういったキャラ、活き活きしますね。

目暮警部:西村雅彦
喧嘩を売っているのか?と思わせる役作り。
妙にでっぱった腹は、いかにも作り物。
西村雅彦の演技も正直ひどかった。
アニメを意識してああなっちゃったのか?
安いコントを見せられているのかと思った。
西村雅彦はいい役者だと思うのに、これはひどかった。。。



ちなみに物語のラスト、元太・光彦・歩ちゃんの3人組が登場しましたが、
実写なのにアニメの声で吹き替えてあって、妙な違和感。
そして、コナン(高山みなみさん)のナレーションでエンディング。
実写→アニメにつながる形でしたが、あれはいらなったのでは?

実写は実写、アニメはアニメ。
もっと切り離して考えれば良かったのに。。。
posted by mikki at 22:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。